究極の選択!あなたはどっちを選ぶ?トロッコ問題編

ブログ主
みなさんこんにちわ!人生において様々な点な選択を迫られることがあると思います。今回は心理学に近い哲学で有名なマイケル・サンデル教授のトロッコ問題についてお話とみなさんの答えを教えて頂けたらと思います。

正義とは何か!

このタイトルは正義とはについてマイケル・サンデル教授がハーバード大学で講義している内容になります!

その中で有名なトロッコ問題について今日はみなさんと議論したいと思います。

トロッコ問題あなたは暴走したトロッコに乗っています。ブレーキはございません。あなたの進んでいるトロッコの先に5人の従業員が作業をしており、こちらに全く気づいておりません。このまま行くと5人は死んでしまいます!

あなたの手元にはレーンを切り替えるレバーがあります。しかしレーンを切り替えた先に1人の従業員が作業をしておりこれまたこちらには気づいておりません!

あなたはどちらかを選択しなければいけない状態であなたならどちらを選択しますか?

もし良ければコメント欄であなたの回答とその理由も教えて頂けますか?

※この問題に答えはございません!

因みに私はレーンを切り替えます!つまり5人の命を救って一人の命を犠牲にする回答です。

私の理由は簡単で単純に救える命の数で判断しているからです。当然私の回答にも反論する人もいると思いますが私の場合この状況下においては論理的思考を用いており、感情的な思考はないからです!

あなたの回答はいかがでしたか?

 

ハーバード大学の講義の中でこんな生徒の回答がありました!

その生徒の回答はレーンを変えずにそのままにするとのことです。理由は自分でレーンを変えてしまうと自分の手によって一人の命を殺してしまうからとつまり暴走したトロッコで5人が死ぬことは罪ではなく、自分が手を加えることで殺人に変わってしまうからそれは罪であるという回答がありました。

確かに私もこの考えには納得です!しかし私からするとこれは感情的な思考であり、最終的には自分のことしか考えていないと思います!自分が罪になるから5人の命を奪う。私にはこの考えが理解できないです。

一人の命を奪って5人を救っても5人からすればヒーローです!人間の心理であるヒトは良い出来事よりも悪い出来事の方がインパクトが強く残る習性があるからこの人はこの回答に至ったんだと思っています。

さらにこの問題の興味深い所はシチュエーションが一つ変わるだけで自分の考えも変わることにあります!

例えば5人は見ず知らずの人で、1人の人間は自分の大切な人だった場合、あなたは同じ答えを出すことができるのか

先ほど私の回答では5人を救うと回答しましたがこのシチュエーションだった場合、私は自分の大切な人を取ります。

さっきと言っていることが違うじゃないかと言われてしまいますが、恐らく多くの人が同じ答えになると思います。

もしこのシチュエーションでも同じ答えが出せる人がいたとすると私はその方は素晴らしくこの人類の未来まで考えている素晴らしい人間だと思います!!

残念ながら私はそこまでは考えていないので、あくまで身近な人を救ってしまいます。(笑)

このように人間は状況一つで答えが変わってしまい、本当の正義とはなんなのか?という深い哲学のお話でした。

<まとめ>

いかがでしたでしょか?今回は有名な政治哲学問題について取り上げてみました!

正義とはなんなのか?考えたことありますか?

この講義は第1章であり、これからもこの哲学についての問題定義が多くあり、とても楽しく興味深い授業となっております。この続きもブログに書いていきますので興味のある方は是非見てみてください!

最後にもし良ければあなたの意見もお待ちしております!!

ハーバード大学白熱教室より(youtubeはこちらから)

マイケル・サンデル教授(これから正義の話をしよう)本はこちらから

 

 

最新情報をチェックしよう!
>好きな事を仕事に

好きな事を仕事に

弊社では、好きなことで仕事をするをテーマに掲げています。 現代社会ではインターネットやスマホの普及によって働き方に大きな変化が起こっていることをご存知でしょうか? 多くの人は新しい働き方に取り残され厳しい不景気に直面していることと思います。 そして仕事の種類を理解することで自分の人生をさらに楽しくすることが出来ます! 弊社は新しい働き方を取り入れ、常に向上心を持って楽しく自由にお仕事ができる環境を目指します!

CTR IMG