プログラミングを学びたい…最速でコーディング技術を取得する方法

「プログラミングを学びたい」と思っている人のみ、現在この記事を閲覧していると思います。

 

中には、スクールや専門学校を検討し、入学・勉強等を考えている人がいるかも知れません。

 

実際、プログラミングスクールに実際に通った筆者の感想から言うと、

 

「無理に多額のお金を払って、プログラミングスクールや専門学校に通う必要は一切ありません」

 

 

dio blog では、プログラミングスクールで学ぶ内容独学で勉強することができます。

 

 

今回は、最速でプログラマーになる為に「一番重要なこと」についてお伝えします。

 

 

 

何の為に、プログラミングを学ぶ考える


 

「プログラムを学びたい」と思うことは、素晴らしいことです。

 

しかし、目的がずれてしまうと、いつの間にか無駄な時間を過ごしてしまいがちです。

 

 

例えば、全く知識のない人が、webデザイナーを目指すとします。

 

すると、こんな考えが浮かぶのではないでしょうか?

 

 

・デザインを勉強したい

・html、css、javascriptを自由自在に操りたい

・言語の意味について知りたい

・色んな言語をやりたい

・しっかり構造を記載した仕様書を作りたい

 

 

はっきり言うと、全てやるのは初心者には無理です。

 

なぜなら、調べながら進めるとそれだけで時間がかかり、気づけば全てが中途半端になるからです。

 

何の為にプログラミングを学びたいのか、時間を無駄にする前に、一度しっかり考えましょう。

 

 

デザインを学びたい!

→違いますよね。だったら芸術学科の学校に行けばいいし、使うソフトもadobeというデザインソフトです。

 

言語の意味について知りたい!

→違いますよね。あなたがやりたいのはコーディングであって、作れればOKです。

 

色んな言語をやりたい!

→違いますよね。言語をやりたいのではなくて、何かを作りたいはずです。

 

仕様書から作りたい!

→そんなもの後回しです。まずは何かを作れるようになってから考えてください。

 

 

つまり、あなたが今急ぎでするべきことは、

 

「プログラミングを使って作りたいものを完成させる」

 

です。

 

当たり前のことですが、何でもやろうとして、本来の目的と離れないように気をつけましょう。

 

 

まずは考える前に、作品を作りましょう。

 

dio blogで作れるポートフォリオ


 

ポートフォリオとは「作品」のことです。

 

※作ったものを見せる時に使う言葉なので、プログラマーを目指す人は覚えておきましょう。

 

ポートフォリオは、たくさんあればあるほど、仕事に繋がりやすくなります。

 

ポーチフォリオをたくさん作れば作るほど、今後有利になります。

 

dio blogで作れるポートフォリオは以下の通りです。

 

・無難なホームページサイト

・文字の装飾

・アニメーション

・動くホームページサイト

・検索で上位表示されるサイト

 

難易度は上から順に簡単なので、「プログラムの会社に入りたい」「自分で何かを作って営業したい」という人は、まずはホームページを作ってみましょう!