プログラマー初心者向け…最速で開発準備を完了させる

「プログラミングを学びたい」と思っている人のみ、現在この記事を閲覧していると思います。

 

中には、スクールや専門学校を検討し、入学・勉強等を考えている人がいるかも知れません。

 

実際、プログラミングスクールに実際に通った筆者の感想から言うと、

 

「無理に多額のお金を払って、プログラミングスクールや専門学校に通う必要は一切ありません」

 

 

dio blog では、プログラミングスクールで学ぶ内容独学で勉強することができます。

 

今回は、開発環境を最速で整える方法をお伝えします。

 

1.パソコンを準備する


当然のことですが、スマートフォンではプログラムの開発ができません。

 

PCがない人は、すぐに購入することをお勧めします。

 

オススメはimacです。画面が大きく、他のPCと比べても低コストで購入することができます。

 

windowsのPCでも構いませんが、開発をする上で効率が良いのは圧倒的にmacです。

 

パソコンを用意しましょう。(imac推奨)

2.コーディングの準備をする(サーバー、ドメイン、コード開発ソフトなど)


実際にコードを書く環境を整えましょう。
扱うコードによって、用意するものが基本的に違います。
dio blogは、xservervsc(Visual Studio Code)を使用することをオススメしています。
理由は別の記事でご紹介しているので、気になる方は閲覧してみてください。
※サーバーについてよくわからない方は、先に「3.接続設定をする(ssh)」の説明を見てください。

3.接続設定をする(ssh設定)


サーバーを契約するだけでは、開発することができません。

 

sshと呼ばれる設定を行い、自分のpcからサーバーを動かすための準備をします。

 

いまいちピンとこない人は、下の図を見てみましょう。

 

 

・クライアント=自分のパソコン

・webサーバー=書いたコードを反映させるもの(googleで閲覧できるページ)

 

としてそれぞれ考えてください。

 

普段からGoogleで検索して見ているページは、「サーバー」と呼ばれるハイスペックコンピューターで管理されています。

 

そのため、自分の作ったホームページや作品をweb上に公開する為には、サーバーに作ったデータを送る必要があります。

 

つまり、自分のPCからサーバーに情報を送るための設定を、ssh設定と呼びます。

 

自分の書いたコードをweb上で見れるようにする為には、ssh設定が必要。
VSC(Visual Studio Code)のssh設定については、こちらのページを参照してください。

4.VSC(Visual Studio Code)を使って、実際にコードを書いてみる


実際にコードを書いてみましょう。
まずはインストールしたVSC(Visual Studio Code)を開いてください。
その後、左下のパソコンのマークをクリックしてください。
先ほどssh設定したデータがここに登録されています。
設定した名前にマウスを当て、右側のファイルマークをクリックすると、サーバーに接続できます。

 

※右クリック(Macはcontrol+右クリック)で接続することもできます。

・「Connect to Host in Current Window」(現在のウィンドウのままサーバーに接続)

・「Connect to Host in New Window」(新しいウィンドウでサーバーに接続)